記憶に残る結婚式に

これら二つの方法にも、どのような方法があるのでしょうか。例えば、自宅、または親族の家で、それも小規模に結婚式を行う方法があります。それだと場所代を節約できるだけでなく、より身近で暖かみのある結婚式を行うことができます。最近では、よく海外で、この方法を用いる人が多いようです。

また、結婚式という大々的な名目を建てなくとも、新郎と新婦が仲の良い友人や親族などを読んで、パーティーのような形でもてなす、そういった結婚式も行われています。これだと、誰もが緊張せずに参加できますし、固い時間ではなく誰もが楽しい時間を共有し、結婚に伴っての喜びを共有することができます。

このように、結婚式の挙げ方だけでも、非常に多くの方法がありますから、私達には、それらを自由に選ぶ権利があると言えます。同時に、本来はこういったものは、誰かほかの人の意見に左右されるべきものではなく、本人たちがより良いと思うもの、それを追究することが大切である、ということです。

結婚式を記録に残すのは簡単です。しかし、それを記憶に残るものにすること、それには工夫が必要かもしれません。よりそれが二人の門出にとって良いものとなるよう、いろいろな選択肢を模索できます。